320×100ラージモバイルバナー

ネイルサロンに行くメリットって?

こんにちは。新米ネイリストのicoです。

今回は前回の続き、

ネイルサロンにはネイルサロンの良さがあり、
セルフネイルにはセルフネイルの良さがある

について、詳しく書かせていただきます。

今回はネイルサロンに行くメリットを私なりに考えてみました。

みなさんはネイルサロンで施術するメリットってなんだと思いますか。私はこう考えます。

1.自分では簡単にできないようなケアやアートをしてもらえる
2.短い時間で仕上げてもらえる
3.サロンという空間を楽しめる
4.爪のトラブルが起こった場合にプロの視点からアドバイスがもらえる

それでは、ひとつずつ説明しますね。

1.自分では簡単にできないようなケアやアートをしてもらえる
いわずもがな、これはネイルサロンに行く最大のメリットです。施術者はプロですので、セルフネイルでは「まあいっか」と適当になってしまうような作業も、プロのネイリストは徹底して施術します。細かなアートや自分では思いつかないような素敵なデザインができる。これはサロンで施術する大きなメリットですよね。

2.短い時間で仕上げてもらえる
実は、1と同じくらい、この「時間短縮」というのも、ネイルサロンに行くメリットになるのではないかと思います。私もセルフネイル熱が高まった頃は自分で施術していましたが、ちょっと凝ったアートをしようとすると3時間も4時間もかかっていました。そのうち、時間という貴重な資源を無駄にするくらいなら、サロンに行って2時間くらいでやってもらった方がいいと思うようになり、サロン通いを始めたほどです。時間をお金で買える、これもまたネイルサロンに行くメリットです。

3.サロンという空間を楽しめる
ヘアサロン、エステサロンなどサロンと呼ばれる場所は往々にして、癒しの要素を含んでいます。お店もお客様にいかにリラックスしてもらえるかという観点で内装やサービスを考えているのです。非日常空間で特別な時間を過ごせるというのも、サロンに行くメリットです。
ただし、現在は「はやい!安い!」といった激安のサロンも増えており、そのようなところは共通して内装や付加サービスにお金をかけていません。その分を価格に還元しているんですね。よってそのようなサロン様は3は当てはまらないかもしれません。

4.爪のトラブルが起こった場合にプロの視点からアドバイスがもらえる
モデルさんを募集してたくさんの人を施術し始めて思ったことは、意外と爪のトラブルを気にされている女性が多いということです。爪が薄くてすぐ割れてしまう、伸ばしたいけど途中で亀裂が入ってしまう、乾燥して筋が入ってしまう、グリーンネイル(※1)になってしまったなど、大小合わせると本当に皆さん爪のことで嫌な思いをされていることが多いようです。ネイルサロンではその悩みのいくつかにプロとして応えてくれます。爪が薄いならジェルで補強しリペアで継続していきましょうとか、乾燥を防ぐためにオイルを毎日塗りましょうとか、プロからのアドバイスがもらえます。
一方、グリーンネイルなど爪の病気については、ネイリストの施術で治すことは不可能です。しかし、爪の状態を見て大枠の病名の候補を見つけ、病院に行くようアドバイスはしてくれます。
セルフネイルは爪が健康なうちはいいですが、一度トラブルが起こると自分ではどうしてよいか、なかなか正しい判断がつかないですよね。
こんなときに頼りになるのが、プロのネイリストがいるネイルサロンなのです。

以上、ちょっと長くなりましたが、私が考えるネイルサロンに行くメリットです。

次回はセルフネイルのメリットについて書かせていただきますね。

※1 グリーンネイル
緑膿菌といういわゆるカビの一種が入り込んでしまった爪の症状のことです。ジェルネイルやスカルプチュアを長期間つけっぱなしにすると、自分の爪と上に乗せたジェルやスカルプチュアの間に、日常生活において水分が入り込み、菌が繁殖しやすい状態になります。この症状が出てしまった場合、ネイルの施術は完治するまでできません。
この症状、検索エンジンで「グリーンネイル 画像」と検索し、どんな状態かを確認していただくと良いと思います。自身の爪にこの症状が出たときは、要通院です!!

スポンサーリンク
336×280レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280レクタングル大