320×100ラージモバイルバナー

自宅でセルフ深爪矯正!爪が小さくて悩んでいる方必見「深爪になる理由」

セルフネイラーさんの中に、深爪でお悩みの方はいらっしゃるでしょうか?

実はその深爪、セルフジェルネイルで改善できるかもしれませんよ。

私のサロンには深爪でお悩みの方が定期的にいらっしゃいます。

「どうしても爪を噛むクセがあって・・・」

「ちょっとでも伸びていると気持ち悪くて切っちゃうんです」

「のばしたいんだけど、すぐに折れて短くなっちゃって・・・」

同じ深爪でも、その原因はさまざま。

サロンでは細かくカウンセリングをして、徹底的にフォローをしながらお悩みを解消していくのですが、実は、深爪矯正の施術自体はそんなに難しいことではないのです。

深爪でお悩みのお客様には、「クリアジェル」を塗布しています。

その理由は、「爪を伸ばした状態を保ちたいから」です。

ではここで、深爪のメカニズムをお話ししておきますね。

深爪というのは、爪の先端の白い部分(専門用語ではフリーエッジと言います)を少しも残らずに切ってしまっている状態のことで、この状態が恒常化すると、ネイルベッド(爪のピンクの部分)がどんどん短くなっていきます。

深爪の方は、

爪を短く切る

ネイルベッドが短くなる

さらに爪を短くきる

ネイルベッドが短くなる

・・・

というスパイラルに入り込んでしまっているのです。

一方、爪は伸ばした状態を保っておくと、なんとネイルベッド(爪のピンクの部分)が伸びてくるんです。

もう少し具体的に言うと、ハイポニキウムというものが伸びてきます。

ハイポニキウムとは、爪と皮膚がくっついているこの部分です。

IMG_5375

ハイポニキウムは、爪に雑菌などが入り込まないために必要な皮膚組織なのですが、爪を伸ばした状態を保っておくと、爪に引っ張られるようにハイポニキウムがどんどん伸びてきて、結果、ネイルベッドが長くなっていくようになっているのです。

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

信じられないでしょうか?

ではここで、私の爪をお見せしますね。

hukadume

上が、私が妊娠中の爪です。3ヵ月以上、ジェルネイルをせずに、常に短い状態を保っていたときの写真です。

下が、産後ジェルネイルを装着し始めて3ヵ月経過した時の爪です。

一見、何も変わっていないように見えますが、上と下の写真のネイルベッドの長さに注目してください。

下の方が長いの、わかりますか?

特に薬指は顕著ですよね。

数ミリ単位で異なります。

これは、爪を伸ばした状態を保ったことで、ハイポニキウムが成長し、結果的にネイルベッドが伸びてきた、という実例です。

少し、信じてもらえましたでしょうか?

実は、深爪矯正とは、「ハイポニキウムを成長させる」こととイコールです。

つまり、深爪の方は、ハイポニキウムが育たない環境をつくってしまっているということなのです。

爪を噛んでしまう癖がある方、爪と一緒にハイポニキウムもかみちぎっていませんか?

爪を短くしていないといやだ!という方、ハイポニキウムまで爪切りで切っていませんか?

爪が折れちゃう方、折れた時にハイポニキウムまで一緒に取れちゃっていませんか?

それが、深爪の根本原因になっているかもしれません。

では、改善するために、どうすればよいのか。

これは先に申し上げた通り、クリアジェルを塗布して補強します。

ジェルを塗って、厚みを出すことで、

・爪をかみちぎりにくくする(爪噛みの癖がある方)

・爪を切りにくくする(切りたくなってしまう衝動を抑制する)

・爪を折れにくくする(厚みがでるので折れにくい)

という効果を期待します。

ちなみに、ジェルネイルをしなくとも、爪を伸ばしていられる!という方は、ネイルケアなど定期的にお手入れすることで、深爪は矯正できます。

ジェルネイルだけが深爪矯正の唯一の手段ではありません。

ただ、深爪でお悩みの方は、素の爪ではどうしても伸ばしていられない事情を抱えている方が多いため、ジェルネイルやアクリルスカルプチュアで補強する手段を取る方が多いというだけです。

セルフネイラーの皆様においては、ご自分でジェルネイルのキットを購入されたり、道具をそろえている方も多いと思いますが、深爪矯正のみを目的にするのであれば、ベースジェルとトップジェル、そしてそれらを塗るブラシと、硬化のためのライトがあれば、最初の一歩は簡単に踏み出せます。

ジェルネイルの塗布の仕方は、当サイトや他の書籍・サイトがたくさんあるので、是非そちらで勉強されてください。

自分で付け替えが出来れば、万が一取れてしまった時もすぐに装着できるので、素の爪でいる期間も短いですし、毎回サロンに通うコストも抑えられて、セルフ矯正はメリットもたくさんです。

自宅でまずはチャレンジしてみて、どうしてもだめなら専門サロンに行ってみる、というのも良いと思います。

継続期間は短くても3ヵ月

まず最初の3ヵ月は、2~3週間に1回のペースでジェルネイルを付け替えて、爪を伸ばした状態を保ち続けてみましょう。

なお、私が運営しているWebサイトでは、深爪矯正におススメなジェルネイルキットをご紹介しています。初めてセルフジェルネイルにトライされる方は、是非こちらを参考にしてみてくださいね。

<参考>
シャイニージェルのネイルキットがセルフ深爪矯正にぴったりな理由

爪の形が悪い、小さい、コンプレックス、という方は意外と多いもの。しかも、それは遺伝だとか、ご自分のクセだとか、直せないものだと思っている方も多いもの。

しかし、もしかしたらそれは、半年後に解消できるものかもしれません。

是非、セルフネイルでかしこく経済的に、深爪矯正にチャレンジしてみてくださいね。

スポンサーリンク
336×280レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280レクタングル大