320×100ラージモバイルバナー

すぐにはがせるジェルネイル~これは邪道!?セルフネイルだからこそ!練習用プログレスコートで1日限定ジェルネイルはいかがですか?

このブログでは、

HOMEIさんの「ぺりっとはがせるジェルネイル」を使用レポしていますが、

このジェルは1週間以上持つこと前提で商品が作られています。(公式では10日間)

「ぺりっとはがせるジェルネイル」の使用レポートはこちらから

ただ、

「土曜日1日だけ結婚式のお呼ばれで付けたい!」

なんて方は、

金曜日の夜+土曜日1日中=約1日間

だけ持てばいいという人もいるのではないでしょうか?

もちろん、HOMEIのはがせるジェルネイルを使えばいいのですが、

以前使用レポートを書いたように、2日で取ってしまうには密着力が強く、

爪にけっこうな負担がかかるんですよね。

→参考記事【~初心者におススメ~HOMEI ぺりっとはがせるジェルネイル⑦本当にぺりっとはがせるの?(2/2)HOMEIのカラージェルの場合】

そこで!!

今回は

「プログレスコート」

というものを紹介します。

先に行っておきますが、

これは邪道です。(←本当に)

取れてしまうリスクも高めです。(←応急処置の方法は一番下に書いておきました)

ただ、

・本当に短期間だけでいいからジェルをつけたい!
・とにかく爪に負担をかけずにジェルネイルをはがしたい!

という方には、

かなり”ベター”な方法の一つだと思いますので、

勇気をもって紹介することにします。

まず、そもそもこの「プログレスコート」とは何かを説明します。

プログレスコートとは、

「プロのネイリストが使用する練習用の下地」

です。

ジェルネイルやスカルプチュアを施術する前に、

爪全体に、ちょうどマニキュアのベースコートのように薄く塗ります。

IMG_1440

IMG_1441

そして、完全に乾かします。

IMG_1442

この上に、ジェルを乗せていきます。(ベース→カラー2度塗り→トップ)

IMG_1443

仕上がりは、普通のジェルネイルを施したのとまったく変わりありません。

しかし、このプログレスコートは

水に溶けるのです。

プログレスコートの成分は、


エタノール
ポリビニルアルコール

ですが、

この、

ポリビニルアルコール

が、世にも珍しい、

水溶性の樹脂

なのです。

ですので、洗面台やお風呂などで爪を濡らし、

IMG_1445

ほんの少し甘皮側をウッドスティックなどで持ち上げると、

そこからプログレスコートに水が浸透して溶け、

IMG_1446

ぱかっ

とジェルが外れる仕組みです。

IMG_1448

そもそも爪に密着しているのがプログレスコートのみで、

ジェルは一切爪に付いていない状態なので、

コートが溶けてしまえば自爪を引っ張ってくることなく、安全に取り外せるのです。

ちなみに、取った後の爪がこちら。

IMG_1449

ダメージは

ほぼありません。

上に乗せているジェルが少し厚めでも、嘘みたいにすっきり取れます。

なので本来は、

ネイリストさんがモデルさんの爪で練習したいときなどに使用するのですが、、、

これがですね、

意外と持つんですよ。

1.5日くらい。

私も装着して丸2日持たせたことがあります。

付けている間は、普通にジェルネイルをしているような状態です。

チップを付けるよりもちゃんと密着感があって、

日常生活にも支障はありません。

なので、

本当に短期間で良ければ、この方法はおススメなんです!

ただし!

1.5日持たせるために注意しなければならないことがあるので、

以下を必ず守ってください。

・水、厳禁!

プログレスコートの特徴は「水に溶ける」ですから、

装着後に水を使うような動作をするといっきに取れやすくなります。

たとえば土曜日の朝から結婚式などがある場合、

金曜日の夜に装着すると思いますが、その際は、

皿洗いを終え、
お風呂に入り、
髪の毛を乾かした後、

に装着してくださいね。

・衝撃、厳禁!

プログレスコートの密着力はとても弱いので、

水につけなくとも、強い衝撃でパカッと取れてしまうことがあります。

装着していきたい日に、急いでバタバタと動くと、

指先を棚やバッグに強打して出かける直前に取れてしまうなんてことも。

当日は時間に余裕を持って準備してくださいね。

※万が一取れてしまった時の対応は、記事の一番下に書いておきました。

・プログレスコートが完全に乾いてからジェルを装着!

装着時の注意点は、とにかく、プログレスコートが

完全に乾いてから

ジェルを乗せるということ。

乾くと光沢がなくなり、触ってもべたべたしなくなります。

IMG_1442

乾かないうちに乗せてしまうと、密着力がさらに弱くなったり、

ジェルでプログレスコートを引っ張ってしまい、仕上がりがでこぼこになったりします。

きれいに仕上げるためにも、完全に乾かしてからジェルを装着してくださいね。

ちなみに、

万が一取れてしまった時の応急処置は、

ネイルチップ用の接着シールを使って貼り付ける

方法です。

形が崩れず、きれいにはがれた場合は、

IMG_1450

ネイルチップをくっつけるシールで、

IMG_1451

ぺたっとくっつけます。

IMG_1452

シールは100円ショップでも売っていますし、

ネイル専門のネットショップでも購入できます。

ネイルチップよりピッタリ爪にくっつくので、

違和感も少なくて良いですよ。

どうでしょうか。

ちょっとジェルやれるかも!

と思っていただけたでしょうか?

すぐにはがすからマニキュア(ポリッシュ)でいいや

と思っている方も多いと思いますが、

マニキュアよりジェルの方が作業が簡単ですし、
(ライトに入れるまでは絶対に固まらないので)

ストーンなどもしっかり付けられるので、

一度やり方を覚えてしまえば、たまにしかやらない方でもジェルはおすすめなんです。

爪への負担も少なく、

手軽にジェルネイルが楽しめる手段の一つですので、

普段はジェルネイルをあきらめている方にも

是非チャレンジしていただきたいなと思います。

スポンサーリンク
336×280レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280レクタングル大