320×100ラージモバイルバナー

ジェルネイルを長持ちさせるために守る10のこと

ポリッシュ(マニキュア)よりも長持ちするジェルネイル。

twiicon

その持ちの良さから、今はネイルアート=ジェルネイルというほど広く普及しています。ただ、扱い方を間違うと、せっかくつけたジェルネイルが早々にはがれてしまったり、それによって爪が傷んでしまったりと、嫌な思いをすることに。

今日はジェルネイルを長持ちさせるために守ってほしい10のことをご紹介します。

スポンサーリンク
336×280レクタングル大

①甘皮処理をしっかり行いましょう

セルフネイラーの方はこの甘皮処理を省いている方が多いようですが、ジェルネイルを長持ちさせるためには重要な工程ですので、ウッドスティックやガーゼなどを使ってしっかり余分な甘皮を除去してください。甘皮が伸びていると、その上にジェルネイルが乗ってしまった場合その場所から浮いてきてしまうので、1週間しないうちに取れてしまうことも少なくありません。どこにも甘皮が残っていないくらい、徹底して除去しましょう。

→記事【セルフジェルネイルを長持ちさせるコツ~下準備編:甘皮処理を徹底的に!】

②ベースジェルを爪全体にすみずみまで塗りましょう

ジェルネイルはすべてのジェルがベースジェルの上に乗りますので、ベースジェルを塗り忘れるとあとでいくらジェルを重ねてもそこにはジェルが乗りません。むりやり乗せても隙間ができ、そこからはがれてきてしまいます。ベースジェルの塗り方が持ちの良さを左右するといっても過言ではありませんので、すみずみまできれいに塗ってください。

→記事【ジェルネイルを長持ちさせるコツ~塗り方編:ベースジェルはすみずみまで丁寧に】

③ ジェルが爪からはみでたら、必ず除去して硬化しましょう

ジェルを塗布していると、手元がくるってつい爪からジェルがはみ出してしまうことありますよね。そしてはみ出たまま硬化してしまうと、そこからあっという間に浮きが発生してすぐにとれてしまいます。ひと手間かかりますが、ウッドスティックなどを使ってはみ出たジェルを除去し、その後硬化してください。

④ エッジをしっかり塗りましょう

エッジとは、爪の先端の側面部分のことです。プロのネイリストさんはここをしっかり塗りますが、セルフネイラーの方は省いてしまいがちです。これを省いてしまうと先端から浮き、欠けが出やすくなります。ベースジェルからトップジェルまで、すべての工程でエッジを塗っていくことが大切です。

→記事【セルフジェルネイルを長持ちさせるコツ~塗り方編:エッジまでしっかり塗りましょう】

⑤ トイレ掃除、お風呂掃除のときはゴム手袋をしましょう

ジェルネイルは酸に弱く、これが曇ったりはがれやすくなったりする原因となります。トイレ掃除、お風呂掃除などでは酸性洗剤、塩素系洗剤を使うことが多いですよね。こんなときはゴム手袋をしてお掃除してくださいね。(布おむつの手洗いも、お子さんの便が体調不良などで酸性に傾いているときにはそれが原因で曇ったりしますので、ご注意ください。)

⑥ シールやガムテープを爪ではがさない

パッケージのシール、段ボールについたガムテープなど、「カリカリ」と爪の先を使って粘着テープをはがす行為は、爪先からジェルネイルがはがれる原因になります。どうしてもシールをはがしたいときは誰かにはがしてもらう、ピンセットを使ってとるなど、自分の爪先を傷めないように工夫してください。

⑦ 重い荷物を持つときは、指の腹で持ちましょう

重いものを持つときに、無意識に爪を立ててしまうと、その圧によってジェルネイルがはがれてしまうことがあります。段ボールなどはもちろんのこと、日々の布団の上げ下げ時や、大きな洗濯物(絨毯や毛布など)を取り上げるときにも同じようなことが起こりえます。重いものをもつときは、意識して指の腹に力を入れるようにしてください。

⑧ 甘皮周りの保湿をしっかり行いましょう

特に冬場は乾燥が著しく、あまりにも爪が乾燥するとジェルネイルが取れやすくなります。かといって、日中ずっとハンドクリームを塗り続けるのはなかなか難しいと思いますので、せめて夜寝る前に、ハンドクリームやキューティクルオイルを甘皮周りに念入りに擦りこんで保湿してください。

⑨ 自爪が薄くなってきたと思ったら、思い切ってお休みを

土台となるご自分の爪が薄くなると、ちょっとした衝撃で爪がしなり、ジェルが取れやすくなります。爪先を軽く押したときに軽い力でもふにゃっと爪が曲がってしまうようであれば、一度ジェルネイルをおやすみし、健康爪になってから再開してください。爪が薄いまま無理をして続けていると、「爪層剥離」が起こり、爪自体が指からはがれていってしまうなんてことも可能性としてあるのです。約4か月で全ての爪が生え変わりますので、その間は保湿などをしっかり行って自爪を育てる努力をしてみてください。

⑩ 可能な限り、余裕を持った行動を

忙しく家事をこなしていたり仕事中にバタバタと動いていると、水道の蛇口に爪先をぶつけたり、会議室のドアノブに爪先をぶつけたり、洗濯機のボタンを爪先で押したり、ホワイトボードのマグネットを爪先で取ったりと、とにかく爪先に負担をかけるような動作をしてしまいがちです。ジェルネイルをきれいに保つためには、なるべく落ち着いてゆっくりと行動することが何よりも重要です。時間に追われているとどうしても手の使い方がガサツになってしまうので、余裕を持ち、落ち着いた行動を心がけてみてください

まとめ

どうでしょうか。心当たりのある行動はありましたか?ほんの少しの工夫で、ジェルネイルはもっと長持ちするようになります。なんだかはがれやすいなあと思っている方は、上記のようなことを是非意識してみてくださいね。

健康爪を育てるために

今話題のドクター・ネイル「ディープセラム」↓
【即納】Dr.Nail DEEP SERUM(ドクターネイルディープセラム) 6.6ml【あす楽_土曜営業】【P25Jan15】 - 生活発掘倶楽部楽天市場支店
【即納】Dr.Nail DEEP SERUM(ドクターネイルディープセラム) 6.6ml【あす楽_土曜営業】【P25Jan15】 – 生活発掘倶楽部楽天市場支店

私も今、これ↑使用して自爪を育てているので、検証が終わったらレポートしますね。

→レポート記事はこちらから【健康爪を育てよう】

スポンサーリンク
336×280レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280レクタングル大